検索
  • 西川英三郎

(Blog)コスモス成年後見サポートセンター -Cosmos Adult Guardianship Support Center-

最終更新: 2020年10月14日

先週土曜日から5日間のカリキュラムで始まった、行政書士会によって設立された一般社団法人コスモス成年後見サポートセンターの入会前研修に参加しました。成年後見制度とは、精神上の障害により判断能力に欠ける、あるいは不十分な人を法律的に保護・支援する制度です。同様の制度はフランスやオーストリア、ドイツ他、欧米の多くの国で法制化していますが、例えばドイツでは人口8,200万人に対して制度利用者が120万人であるのに対し、日本は人口1億2,000万人に対して僅か21万人(2017年)に留まっているのが現状です。2015年時点で日本には高齢者の認知症患者が520万人いましたが、2025年にはこれが700万人を超えると言われている中、この制度の周知、拡大が求められています。(2020年10月12日) I attended the pre-enrollment workshop of Cosmos Adult Guardianship Support Center last Friday. It's a five days curriculum for the person who wants to work as the adult guardian. The Adult Guardianship system protects and supports from legal aspect those who lack sufficient mental capacity to handle their personal affairs. Many western countries have the same or similar systems in fact. However for example, while the population of Germany is 82 million and 1.2 million people, i.e. 1.46%, use the system, the population of Japan is 120 million and only 0.21 million people, i.e. 0.18%, use the system. There were some 5.2 million dementia patients in Japan as of 2015 and it is expected to increase to 7 million by 2025. it is therefore significantly meaningful to encourage people to deeply get across, understand and use the system. (12/OCT/2020) (日本語): https://www.cosmos-sc.or.jp/

(English):http://www.moj.go.jp/EN/MINJI/minji17.html#a1



18回の閲覧0件のコメント

tel / fax: +81 (0)22 796 7527

宮城県仙台市青葉区五橋一丁目7-4オリベハイツ望月201

  • Facebook
  • Twitter

©2020 by 行政書士・社会保険労務士 西川国際労務管理事務所