検索
  • 西川英三郎

(Blog)労基署と指摘‐How should a Company meet the inspection by Labor Standards Inspection Office ?

この連休中に偶然6年前の週刊ダイヤモンドのバックナンバーを手にしました。労基署の取締内容と当時の最新労務トラブル等に関する30ページ以上の特集記事です。事業所にとって労基は怯えるものと捉えるのではなく、労基が着目するであろうポイントを先読みして事業所内の書類整備や行動、管理体制の改善をすることが、結果的に労働災害を減らし、更には社内外からも評価される働きやすい組織を構築するための近道なのでしょう。楽天やアマゾンでも手に入るかもしれませんのでご興味のある方は是非ご一読を。(2020年9月21日) I had a chance of reading the old featured article about Labor Standards Inspection Office, (LSIO), and the famous labor problem and the cases in Diamond Weekly published on 20th December 2014. It was interesting to know that LSIO is not the object the company is only frightened but the one from which he should expect some possible points to be improved if he inspects his workplace as if he were the LSIO. This kind of the practice will reduce the number of the industrial accident and make the workplace better evaluation from both the inside and outside. (21/SEP/2020)

https://dw.diamond.ne.jp/articles/-/11877

10回の閲覧0件のコメント

tel / fax: +81 (0)22 796 7527

宮城県仙台市青葉区五橋一丁目7-4オリベハイツ望月201

  • Facebook
  • Twitter

©2020 by 行政書士・社会保険労務士 西川国際労務管理事務所